• 受付終了

ナースのための 輸血のキホン

~こんな時どうしよう? ABOとその先に~

 輸血は、実は世界最古最多の臓器移植ともいえます。本セミナーでは、輸血に必要な検査の原理と代表的な輸血用血液製剤の適応・使用時のポイントについて、免疫学の基本からわかりやすく解説し、セミナー後には業務負担の軽減、リスク因子の低減に繋がることを目的としています。

セミナープログラム

1、輸血前に必要な検査
 ①血液型(ABO式、Rh式、その他)
 ②不規則抗体スクリーニング
 ③交差適合試験

2、代表的な輸血用血液製剤と適応
 ①赤血球製剤
 ②新鮮凍結血漿
 ③血小板濃厚液
 ④アルブミン製剤

3、こんな時どうしよう?
 ①AB型の赤血球製剤が足りない!
 ②O型患者にA型の赤血球製剤を接続した?

4、輸血と医療安全

セミナー講師について

横浜市立大学附属病院
輸血・細胞治療部部長

 上條 亜紀

横浜市立大学医学部医学科卒業、同大学院医学研究科卒業。
主に血液内科の臨床に携わった後、東京大学医学部付属病院輸血部を経て、現在横浜市立大学附属病院 輸血・細胞治療部部長。
病院の輸血部門ならびに造血細胞移植関連業務に携わっている。

受講者の声

●わかりやすくまとめてくださり目からウロコでした。輸血は難しいイメージでしたが、要点を気を付けると他の事と変わらないという事がわかりました。
〔看護師 職歴 11年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●消化器内科に勤めており輸血はあまり多くないのですが、自分の知識に自信がなかったのでセミナーに参加させていただきました。知識の復習ができたことと良い資料を頂けたことはとても良かったです。新人教育の際にも活用できそうだと思いました。
〔看護師 職歴 4年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●輸血の基本的なことから、輸血に限らず医療安全まで聞けてこれからの病棟勤務で大変役立つ講義でした。
〔看護師 職歴 1年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●とても分かりやすく面白かったです。来月から異型輸血が実施されるので実践に活かせると思います。質問にも快く答えてくれてありがたかったです。
〔看護師 職歴 5年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●輸血を実施する機会が少ない環境で勤務しているため自己学習の為参加させていただきました。講義もわかりやすく今後の看護に活かすことができると思いました。
〔看護師 職歴 3年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●とても聞きやすく面白かったです。お手洗いにも途中とても行きたくなってしまったのですが、それを我慢してまで聞きたい話で興味がありました。すごくすごく勉強になりました。ありがとうございました。 
〔助産師 職歴 2年〕
開催日時 2018年7月14日(土)
13:00 ~ 16:30
会場 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
【宮城】 東北大学片平さくらホール 2階会議室AB
講師 上條 亜紀
関連カテゴリ:
地域 > 東北
セミナーID:
180714
参加費(税込):
7,560
人数:
申し訳ございませんが、受付を終了させて頂きました。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 講師募集

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら