急性期患者の不眠とせん妄

~不眠・せん妄を防ぐ!治す! 看護のポイント~

急性期病棟、救急病棟、ICUで働くナースの皆さんは、病棟やICUで夜間不穏になる患者さんの対応に困ることはありませんか。そんな時「この患者さんはせん妄だから仕方ない」とあきらめ、医師の指示通りに薬剤を投与するだけで済ませていないでしょうか。実は、せん妄は患者さんの長期の生命予後にまで影響をおよぼす重大な病気で、不眠に関係があると言われているのです。このセミナーを受講していただければ、せん妄に対する苦手意識がなくなり、明日から主体的に取り組むことができるようになると信じています。

セミナープログラム

1、せん妄とは何か!?

 ●単なる不穏ではありません。

2、不眠とせん妄の関係!
 
 ●昼夜逆転するのは理由があります。

3、せん妄の予防!

 ●リスクの高い患者を見つけることから
  始まります

4、せん妄患者への対応!

 ●薬物療法・非薬物療法を学びましょう。

セミナー講師プロフィール

自治医科大学総合医学第2(外科系)講座 主任教授
自治医科大学附属さいたま医療センター
副センタ―長・集中治療部 部長
聖路加国際大学 臨床教授

讃井 將満

1993年旭川医大卒業。麻生飯塚病院、新東京病院、自治医科大学附属さいたま医療センター麻酔科・集中治療部で心臓麻酔を中心に研修した後、1999年より6年間米国マイアミで麻酔及び集中治療の臨床研修を行う。
2006年 同講師、2010年 東京慈恵会医科大学 准教授を経て、2013年自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部 教授・部長。2015年 聖路加国際大学臨床教授(兼任)。2017年から現職。

受講者の声

●今まで、せん妄を起こしてきた患者をみてきたが、今回の講義でせん妄を起こす原因や予防法などを学ぶことができた。薬のことは少し難しかったが、患者に合った薬の選択をしていくことが大切だと学んだ為、今後に活かしていきたいと思えた。資料・説明が分かりやすかった。
〔看護師 職歴 3年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●「せん妄発症=たき火」の考え方はとても分かりやすかったです。せん妄の特徴について再確認できました。薬の作用や使用方法も実際の事例を交えながらの説明で分かりやすかったです。
〔看護師 職歴 8年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●鎮静薬それぞれの特徴や注意点などを詳しく説明していただいてとても勉強になりました。薬に頼るだけではなく、睡眠の質を挙げたり、対応の仕方ひとつで変わるものなんですね。病棟で活かしていきたいと思います。
〔看護師 職歴 6年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●せん妄Ptへのリスク因子の拾い上げ、促進因子の軽減について知ることができたので、臨床に活かしていきたいと思います。また、薬剤の選択においても、その方法と理由を初めて知ることができたので良かったです。
〔看護師 職歴 10年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●病棟の中でせん妄と不穏がイコールになっている部分があったが、違いが改めてわかった。また、せん妄を評価するツールがあることを知らなかった為、病棟で活用できたらもっとせん妄患者を減らせると思った。また、眠剤を使用する=患者に良質な睡眠をとれていると思っていたが、そうではないことがわかり、やはり身体活動を促すことは大切なんだと思うことができた。また、どの症状に対してどの薬剤が良いのか改めて学びなおすきっかけになった。
〔看護師 職歴 5年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●せん妄や睡眠から、薬物についてまで講義していただけたのが良かった。また、看護のポイント、Drからの目線での介入方法等具体的に説明していただけたので分かりやすかったです。
〔看護師 職歴 6年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●今まで、せん妄を起こしてきた患者をみてきたが、今回の講義でせん妄を起こす原因や予防法などを学ぶことができた。薬の事は少し難しかったが、患者にあった薬を選択していくことが大切なんだと学んだため、今後に活かしていこうと思えた。資料、説明が分かりやすかった。
〔看護師 職歴 3年〕
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●HCUで勤務していますが、不穏の患者さんに対してどのような対策をとったら良いのか、薬剤の使用の注意点や観察項目を学ぶことができてわかりやすかったです。評価方法もわかりやすく実践できそうです。
〔看護師 職歴 7年〕
開催日時 2018年6月23日(土)
13:00 ~ 16:30
会場 東京都町田市森野2-2-36
【東京】 町田市民ホール 1階  第4会議室  
講師 讃井 將満
関連カテゴリ:
地域 > 関東・甲信越
セミナーID:
180623
参加費(税込):
7,560
人数:
申し訳ございませんが、受付を終了させて頂きました。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 講師募集

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら