エビデンスに基づくエンゼルケア

~ご遺体の変化を理解して、行うべきケア~

エンゼルケアには、医学的に起こり得るご遺体変化(悪化)の防止や抑制のためという大きな目的があります。本講座では、エビデンスに基づいて遺体の基本的な変化や疾患・治療・症状による特異な変化を知ること、変化に合わせた適切なケアのあり方や、黄疸・乾燥・褥瘡・ストーマなど困難事例へのケアの仕方を習得して頂きます。科学的根拠を知ることにより伝承ではなく合理的に患者さん・ご家族への最善のケアができるよう、この機会にぜひご参加ください。

セミナープログラム

1、遺体の変化と管理

 ●遺体の変化を知り、適切なケアのあり方

2、死後処理①すべきこととできること

 ●遺体管理の科学的根拠を学び、ケアの見直し

3、死後処理②困難事例へのケアの習得

 ●褥瘡、ストーマ、PEG、黄疸、浮腫、
   乾燥など事例検討

4、看護行為に起因する遺体の悪化について

5、エンゼルケアの注意点と総括

セミナー講師プロフィール

北京大学教授
元東京都監察医務院勤務
西安伊藤茂生物科技
有限公司代表

 伊藤 茂

医療機関、研究所を経て東京都衛生局(健康福祉局)、東京都監察医務院勤務。変死体の検案業務および行政解剖業務に従事。1994年より国内のエンバーミング施設で処置を行う。
現在、遺体管理学の第一人者として指導・教育活動は国内はもとよりアジア全域を網羅している。

受講者の声

●とても勉強になりました。今まで自分が行っていたことを反省しました。病院から送り出した方がどのような状態になっていたかを全く気にしていなかったことを申し訳なく思いました。本日得た知識を周囲に伝えていきたいと思います。
〔看護師 職歴 5年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●自分たちが良かれと思っていたことや先輩から教えてもらって当たり前のように実施していたことで、ご遺体に傷をつくっていたかもしれないと思うと、勉強不足は怖い事だと思いました。今回受講できてよかったです。
〔看護師 職歴 16年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●普段から疑問に思っていたことが、エビデンスから学ぶことが出来ました。また、他のケアや処置では結果や成り行きがわかり、技術や手技の向上につなげることが出来たが、エンゼルケアに限っては結果や成り行きがわからず経験だけを積んでいたので本日の講義は大変有意義でした。
〔看護師 職歴 20年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●高齢者の終末期の看取りをすることが多いが、退院後、写真のような状態になるとは思っていなかった。今までルーティンで行っていたが、エビデンスがあること、そして死亡前の状態によってケアが変わってくること、最後まで個別的なケアが必要だということを実感できた。
〔看護師 職歴 2年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●今までエンゼルケアをした後、ご遺体がどのような変化をしていたのか考えたこともありませんでした。当院でも亡くなられるとCV抜去しチンカラーも使用していました。今後のエンゼルケアを検討していく必要があると感じました。大変勉強になりました。 
〔看護師 職歴 10年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●今勤めている病院では詰め物、アゴバンドをしています。最初に教わってずっとこの処置を行っていました。今回の講義を聞いて退院後の変化を知り、詰め物やバンドでなくクーリングが重要だと学べました。
〔看護師 職歴 10年以上〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●CV抜去後、血管縫合しなかった対応に対して、訴訟問題になっていることを知り、安易にCV抜去し圧迫止血していることに危機感を感じた。クーリングの必要性、保湿クリームの必要性がよく理解でき、臨床に取り入れていこうと思いました。エンゼルメイクにばかり気をとられていたことに気付けてよかったです。
〔看護師 職歴 4年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●自分が考えていたエンゼルケアは見た目を綺麗にを重視していた。この講義を聞きエンゼルケアに対しての考えが180度変わった。遺体の変化を最小限にするため早めのクーリングが必要だと知れてよかった。
〔看護師 職歴 20年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●エンゼルケアは看護学生の時に教わったことはなく、卒後、先輩らにその場その場で教えていましたが、それでよいのかといつも考えていました。今回の講義でエンゼルケアについて正しく学べたと思います。
〔看護師 職歴 5年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●とても良かったです。病院から出た後のご遺体がこういう風になってしまっているということが分かりました。今後のケアに活かしていきたいです。CV抜去のことも大変勉強になりました。 
〔看護師 職歴 7年〕
--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●今まで知らなかった規定や人体のことなど沢山説明していただき学びが多かったです。生前の状況や死亡までの経緯から、死後の状態が予測でき、処置・援助の在り方を考えていけるということなので、今回学んだ観点を観察・アセスメントし活かしていきたい。 
〔看護師 職歴 5年〕
開催日時 2018年7月26日(木)
13:00 ~ 16:30
会場 宮城県仙台市青葉区片平2-1-1
【宮城】 東北大学片平さくらホール 2階会議室AB
講師 伊藤 茂
関連カテゴリ:
地域 > 東北
セミナーID:
180726
参加費(税込):
7,560
人数:

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 講師募集

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら