• 残りわずか

急変時の手術看護

~術中モニタリングとケア、看護師ができること~

 手術中に患者さんが急変した場面で、慌ててしまい、うまく対処できなかった、医師の指示に対応できなかった、動けずに悔しい思いをした方はいらっしゃいませんか?
手術を受けられる患者さんに「安全」「安心」「安楽」な医療・看護を届けることは、私たち手術室看護師の使命です。手術中にどのようなことが起こる可能性があるのか予測し、備えることは患者さんを守ることにつながります。
 急変時に、また急変時に備えて、私たち看護師ができること、気を付けなければならないことを一緒に考えてみませんか?手術室Nsだけでなく、術中に起こったこととその対処を学ぶことで、術後看護に携わる病棟Nsにも役立つ内容を目指します。

セミナープログラム

1、術前情報/術前訪問

  情報から予測できること

2、換気困難/挿管困難

  麻酔科医の手となり、目となり、足になる!

3、術中モニタリング

  何を見る?何に注意する?

4、大量出血時の対応

5、局所麻酔時の急変

6、患者さん、ご家族の方への配慮

7、事例紹介

セミナー講師プロフィール

船橋市立医療センター手術室
手術看護認定看護師

 村上 香織

受講者の声

●初開催の為、「受講者の声」は掲載しておりません。
開催日時 2018年6月2日(土)
13:00 ~ 16:30
会場 広島県広島市中区加古町4-17
【広島】 アステールプラザ 4階 大会議室AB
講師 村上 香織
関連カテゴリ:
地域 > 中国・四国
セミナーID:
180602-2
参加費(税込):
7,560
人数:
申し訳ございませんが、受付を終了させて頂きました。

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

  • 講師募集

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら