終末期がん患者とのコミュニケーションと意思決定支援・ACP

〜その人らしく人生の最終段階を全うするための支援〜

アドバンス・ケア・プランニング(ACP)とは、患者本人と家族が医療者や介護提供者などと一緒に、現在の病気だけでなく、意思決定能力が低下する場合に備えて、あらかじめ終末期を含めた今後の医療や介護について話し合うことや、意思決定が出来なくなったときに備えて、本人に代わって意思決定をする人を決めておくプロセスを意味しています。
 終末期においては約70%の患者で意思決定が不可能になるといわれています。看護師には、その人らしく人生の最終段階を全うするためにどのような医療を受けたいか、受けたくないかの意思決定支援の役割があります。終末期の患者に効果的なコミュニケーションとは、患者のつらい思いに寄り添うコミュニケーションとは、事例を通してお伝えできればと思います。

セミナープログラム

1,コミュニケーションとは

2,コミュニケーションスキル
  (アサーティブ)

3,終末期がん患者の特徴

4,意思決定支援とは

5,アドバンス・ケア・プランニング(ACP)とは

6,意思決定支援における看護師の役割

7,当院におけるACPの取り組み

8,人生設計(自分自身のACPについて考える)

9,質問タイム

セミナー講師プロフィール

尾道市立市民病院
緩和ケア認定看護師
がん看護専門看護師

渡辺 陽子

2011年から2018年8年間、緩和ケアチーム専従看護師として緩和ケアチームで活動。
2019年8月からは病棟スタッフとして、がん患者のみならず、病を持つ人の身体的な痛みやつらい症状の緩和に可能な看護ケアを実践している。患者・家族と一緒に考え、悩みながら納得のいく最善の医療が受けられるよう意思決定を支援し、看護スタッフとともに多職種と連携し、チーム医療を心がけている。

受講者の声

●初開催のため、現在「受講者の声」は掲載しておりません
開催日時 2022年8月7日(日) 12:30 ~ 16:30
会場 福岡県 福岡市早良区百道 2-3-15
【福岡】 ももちパレス 3F 小ホール
講師 渡辺 陽子
申込締切日 2022年7月31日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)

〔拡大地図を表示〕をクリックすると大きな地図でご確認いただけます。


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ