今すぐ活かす 正しい酸素療法

~間違った酸素投与に気付けますか?~

私は、看護師になって7年目に後輩から言われた「その酸素投与って危なくないんですか?」の言葉に無知の怖さを痛感しました。患者さんのための酸素投与が危ない、間違ったものであってはなりません。そんな私のこれまでの経験や間違った酸素投与について一緒に考えながら、正しい酸素療法について学んでいきましょう。

※配信期間を延長いたしました

セミナープログラム

1,酸素療法とは

2,酸素吸入器具の特徴と使用方法
(酸素カニュラ 簡易式酸素マスク ベンチュリ―マスク リザーバー付きマスク ネブライザー式酸素供給器)

3,酸素ボンベの使用方法と残量計算

4,用手換気器具の特徴と使用方法
(バックバルブマスクとジャクソンリース)

セミナー講師プロフィール

田邉 明美

所属:塩田記念病院
役職:主任
資格:
呼吸療法認定士 
心臓リハビリテーション指導士 
心電図検定1級
経歴:
1996年 
創進会 みつわ台総合病院 内科病棟 入職
2001年 
千葉県循環器病センター CCU/SCU
2018年 
塩田記念病院 脳神経外科/整形外科病棟



※ 全画面表示は歯車マークの右隣、矢印ボタンをクリックしてください。





※配信期間を延長いたしました

受講者の声

●基本的なことから事例を用いての復習、インシデント事例の紹介と分析などとてもわかりやすく勉強になりました。
使用した経験のない器具でもイメージしやすく、また話し方も聞きやすいスピードで理解しやすかったです。理解不足のまま器具を使用していた気づきにもなり、この講義を受けることが出来て良かったと感じています。ありがとうございました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●間違った覚え方をしていたことが何点かありました。気付きであったとともに、普段使用しない機器についても学びを得ることが出来ました。
大変わかりやすい講義、ありがとうございました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●フィジカルアセスメントから酸素ボンベについてまで広く取り上げている講義であるため、多くのことを学ぶことができました。酸素療法は正しい知識がなければ、患者さんに与える苦痛が大きくなってしまうことを常に念頭に置いて、今後の看護に活かしていきたいと思います。
〔看護師 職歴 3~5年未満〕
----------------------------------------------------------------------------
●全体的に良い内容だった。特に、SPO2についてとフィジカルアセスメントについてが良かった。事例1つ1つが具体的な説明だったので、とても分かりやすかったです。
〔看護師 職歴 5年以上〕
----------------------------------------------------------------------------
●改めて色々な器具について、学ぶことができました。聞いていて、とても分かりやすく集中して受けることが出来ました。
器具の選び方も大変勉強になりました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
開催日時 2022年9月29日(木) ~ 2022年10月6日(木) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 田邉 明美
申込締切日 2022年9月19日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ