高齢透析患者の観察・地域連携

~透析看護のやりがいを振り返る~

2016年度 日本透析医学会資料では、透析患者の平均年齢68.15歳、65歳以上の透析患者数および割合は増加傾向です。高齢透析患者(急変時対応・合併症・認知症)の特徴、介護保険、地域連携、地域包括ケアシステムの利用のコツ、高齢透析患者の透析看護について一緒に考えてみませんか。
このセミナーでは、私が今まで臨床で経験したこと、学会等で発表した内容等をもとに自施設での透析看護のヒント、やりがいを共有していただければと思います。

セミナープログラム

1、高齢透析患者は何が起こるかわからない!

2、認知症透析患者の透析ケアを考える

3、地域の情報から見える透析患者の生活
  ~食事・リハビリ・独居 etc ~

4、こんなこともできる、できて初めて見えた事

 ●オーバーナイト透析
 ●在宅血液透析
 ●腹膜透析
 ●老健入所透析患者の準夜透析
 ●病室透析
 ●透析前の短時間リハビリ(介護保険)
 ●訪問看護/介護を利用した在宅支援
 ●サ高住施設と連携

セミナー講師について

医療法人社団星晶会あおい病院
看護部長 兼務 法人統括部長

 小島 昭彦

透析看護に携わり約20年、患者(家族)の声に耳を傾け、職員(職場)の話を聞き、法人運営にもかかわりを持ちながら勤務してきました。

受講者の声

●具体的で実際に行っている症例を多く提示じていただきわかりやすかった。透析看護だけにこだわるのではなく、透析を行っているPtをどう多職種で支えていうかが大切だと感じました。
〔看護師 職歴 20年〕
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●事例を用いて、どのような関りをしていけるか学ぶことができた。今までは透析中の観察や透析の基礎について勉強を行っていたが、透析外の生活の部分へのアプローチをもっとしていきたいと思った。
〔看護師 職歴 4年〕
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●地域連携の方法や、患者背景について改めて考える機会となりました。病棟勤務ですが、患者様が家に帰って通院にて透析治療を受けたいと考えている方への社会資源の提示・提案をしていければと考えます。
〔看護師 職歴 5年〕
-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●透析Nsと、地域連携とのかかわり方の大切さを改めて知ることができた。一人の患者につき多職種の方々との連携の大切さを学べた。
〔看護師 職歴 3年〕
開催日時 2019年6月16日(日) 12:30 ~ 16:00
会場 愛知県 名古屋市千種区吹上 2-6-3
【愛知】 名古屋市中小企業振興会館(吹上ホール)4階第7会議室
講師 小島 昭彦
申込締切日

参加費:¥ 7,560 税込

申し訳ございませんが、受付を終了させて頂きました。
必須

〔拡大地図を表示〕をクリックすると大きな地図でご確認いただけます。
  • セミナー講師募集
このページの先頭へ