最新! がん化学療法

~求められる看護師の役割~

化学療法は患者さんや家族に不安や誤解があったりします。インフォームドコンセントが重要なことはもちろんですが、副作用として出現する不快な症状へも十分な配慮が必要です。また抗がん剤の適切な取り扱い方法や薬剤の正確な知識を持つことは大事なことです。本セミナーでは、抗がん剤を投与するために求められる看護師の役割を確認したうえで、セイフティバリアから緊急対応まで解説いたします。また化学療法を受ける患者さんへの適切なケアおよび在宅でのセルフケア支援についても事例を通じて丁寧に解説いたします。この機会にぜひご参加ください。

セミナープログラム

1、がん化学療法の基礎

●化学療法前のチェックポイント
●投与ミスを防ぐためのポイント
●投与中・投与後の対応
●抗がん剤の曝露対策

2、抗がん剤による有害事象と
  分子標的治療薬特有の有害事象

●発生機序・発現頻度の高い薬剤について

3、在宅で過ごすための看護ケア・
  セルフケア支援のポイント

●生活指導、副作用への対応方法など

4、看護に活かす症例検討

セミナー講師プロフィール

神戸市立医療センター中央市民病院
外来師長
がん看護専門看護師

濱田 麻美子

1986年神戸市立医療センター中央市民病院就職。1998年神戸市看護大学看護学部に編入し看護学を徹底して学び卒業後復職。さらに看護師として力をつけるべく神戸市看護大学大学院看護学研究科に入学、終了後、外来化学療法センター復帰し、現在に至る。2010年度がん看護専門看護師認定。

【オンラインセミナーについて】
オンライン配信だから全国どこらからでも、ご自宅など安全な環境のもとご参加可能!

テキスト等は事前にお送りいたしますので、気分はまるでマンツーマン講義!

(本セミナーはオンライン配信ツールZoomを使用します。)

<注意事項>
1.オンラインセミナーは、複数名でのお申込みはお受付できませんので、必ず1名様ずつお申込みください。
 お申込み確認後、2営業日以内にオンラインセミナーの参加方法に関するメールをお送りいたします。
2.Wi-Fiや有線LANなど高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。
 PC・タブレット・スマートフォン等でご視聴いただけます。
 ※視聴時はイヤホンの使用をお勧めします。
 ※通信・電波状況によっては映像・音声に乱れが発生する可能性があります。予めご了承ください。
3.リアルタイム配信となりますので、開催時間外のご視聴や、一時停止・巻き戻し等はできません。
 また、セミナー中、講師への質問等の受付はできません。
4.セミナー終了時間は、休憩時間の短縮、内容の一部変更により前後いたします。
 掲載している終了時間はあくまで目安です。
5.オンライン配信映像、または表示画面の撮影・複製・複数名でのご視聴は禁じます。

何かご不明な点ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

受講者の声

●凄く分かりやすく疑問に思っていたことも解決できたので参加して良かったと思います。また、写真等で実際に見たことが無かった症例なども見れて頭に残る講義でした。看護師2年目で難しいかなと思っていましたが事前に学習していたことで、また理解しやすい言葉で楽しい講義でした。
〔看護師 職歴 2年〕
-------------------------------------------------------------------------
●事例検討がとても勉強になった。抗癌剤の種類が多いため、ここまで患者に指導していければ本当は良いがなかなかできない現状にある。わかりやすく資料もまとめてあり、病棟でも見直していきます。
〔看護師 職歴 26年〕
-------------------------------------------------------------------------
●副作用の出現機序や看護ケアについて詳しく講義していただき分かりやすやすかった。患者への指導内容も理解することができ、個別に合わせた指導を今後行えるように実施していきたいと思った。事例検討を通してどのように患者のアセスメントや支援を行うべきなのかポイントがわかった。
〔看護師 職歴 3年〕
-------------------------------------------------------------------------
●ケアに関する全体的な基礎から急変時の対応、曝露対策と幅広い内容を分かりやすくレクチャーしていただき、再確認すべき点、自施設で検討していくべき点がわかり勉強になりました。
〔看護師 職歴 4年〕
-------------------------------------------------------------------------
●化学療法の講義は専門的で難しそうと思っていたが分かりやすくてよかったです。知識の詰込みではなくて看護に繋げられることが多く、終始興味を持って受講することができました。
〔看護師 職歴 9年〕
-------------------------------------------------------------------------
●悪心・嘔吐には発生機序があって、それによって制吐剤を使い分けると効果的であることがわかった。インフュージョン・リアクションを起こしやすい薬剤を知ることができたので、次回から投与する際には注意と心構えをしていこうと思った。
〔看護師 職歴 1年〕
-------------------------------------------------------------------------
●具体的に看護師の役割や、指導のポイントを知ることができ、少しずつ活かせるように思う。 
〔看護師 職歴 15年〕
-------------------------------------------------------------------------
●患者さんに一番近い立場が看護師であるため、しっかり患者さんを観察しアセスメントすることが大切だと改めて学ぶことができました。アセスメントしたことをケアに役立てていきたいと思います。
〔看護師 職歴 5年〕
-------------------------------------------------------------------------
●薬剤と副作用がとても分かりやすかった。看護に対して実際に使える内容でした。 
〔看護師 職歴 10年〕
-------------------------------------------------------------------------
●初めて聞く内容があったので知識の向上につながりよかった。病棟で勤務しているのですが、あまりケモがないので、今後ケモがあったときに役立てるようにスタッフへ共有していきたい。
〔看護師 職歴 18年〕
-------------------------------------------------------------------------
●普段の自分の看護の振り返りになった。薬剤や副作用、発生機序などもわかりやすかった。 
〔看護師 職歴 7年〕
開催日時 2020年7月4日(土) 13:00 ~ 16:30
会場 オンライン (※ 会場での開催はございません)
講師 濱田 麻美子
申込締切日 2020年6月23日

参加費:¥ 8,250 税込

申し訳ございませんが、受付を停止させて頂きました。
必須


  • セミナー講師募集
このページの先頭へ