ER・オペ室・ICU・病棟ナースのための 輸液管理の基礎知識

~ショックの輸液から病態別輸液まで~

ER・オペ室・ICU・病棟では、毎日当然のように輸液管理が行われています。たとえば、3号液を100ml/時間で点滴したり、500mlの生理食塩水を全開で投与したり、尿量を測って水分バランスを計算したりしていますね。しかし、ちょっと立ち止まって考えてみると、なぜその輸液製剤を選んだのか、なぜそのスピードで落とすのか、そもそも何のために輸液するのか、副作用はないのかなど、次々に疑問が浮かぶはずです。本セミナーでは、このような疑問1つ1つに丁寧にお答えしていき、果たして“本当のところどうなのか”をお伝えします。

セミナープログラム

1、体液組成の基礎知識

 》からだの3分の2は水でできている

2、使い分けが大切

 》輸液製剤の特徴と用途

3、ショックの輸液

 》何を指標に、どれを、どのくらい?

4、知っておくべき病態別・場面別輸液管理

 》この場面ではどんな輸液管理が必要ですか?

5、TPNって何ですか?

 》栄養輸液で最低限知っておくべきこと

セミナー講師プロフィール

自治医科大学総合医学第2講座 主任教授
附属さいたま医療センター 副センター長
麻酔科 科長 集中治療部 部長
聖路加国際大学 臨床教授

讃井 將満(さぬい まさみつ)

1993年旭川医大卒業。麻生飯塚病院、新東京病院、自治医科大学附属さいたま医療センター麻酔科・集中治療部で心臓麻酔を中心に研修した後、1999年より6年間米国マイアミで麻酔及び集中治療の臨床研修を行う。
2006年 同講師、2010年 東京慈恵会医科大学 准教授を経て、2013年自治医科大学附属さいたま医療センター集中治療部 教授・部長。2015年 聖路加国際大学臨床教授(兼任)。2017年から現職。

【オンラインセミナーについて】
オンライン配信だから全国どこらからでも、ご自宅など安全な環境のもとご参加可能!

テキスト等は事前にお送りいたしますので、気分はまるでマンツーマン講義!

(本セミナーはオンライン配信ツールZoomを使用します。)

<注意事項>
1.オンラインセミナーは、複数名でのお申込みはお受付できませんので、必ず1名様ずつお申込みください。
 お申込み確認後、2営業日以内にオンラインセミナーの参加方法に関するメールをお送りいたします。
2.Wi-Fiや有線LANなど高速通信が可能な電波の良い所でご視聴ください。
 PC・タブレット・スマートフォン等でご視聴いただけます。
 ※視聴時はイヤホンの使用をお勧めします。
 ※通信・電波状況によっては映像・音声に乱れが発生する可能性があります。予めご了承ください。
3.リアルタイム配信となりますので、開催時間外のご視聴や、一時停止・巻き戻し等はできません。
 また、セミナー中、講師への質問等の受付はできません。
4.セミナー終了時間は、休憩時間の短縮、内容の一部変更により前後いたします。
 掲載している終了時間はあくまで目安です。
5.オンライン配信映像、または表示画面の撮影・複製・複数名でのご視聴は禁じます。

何かご不明な点ございましたら、お気軽にご連絡くださいませ。

担当講師の関連商品はこちらでチェック!

受講者の声

●細かい内容や、いつも疑問に思っていた所が解決できました。大事なポイントを強調して何度も言ってくれたり、説明をしてくれることで、印象に残り覚えやすいと思いました。臨床の場で、病態と治療を関連させていくことができると思いました。
〔看護師 職歴 2年〕
-------------------------------------------------------------------------
●どういう病態の時にどういう目的で、この輸液が選択され何を観察し、どの位のスピードで輸液するのかを考えるきっかけになりました。輸液の指示がでるたびに、このテキストを見直し確認していきたいと思います。
〔看護師 職歴 25年〕
-------------------------------------------------------------------------
●輸液について自信がなかったので、基礎から説明していただき勉強になりました。話す内容もゆっくりで何度も同じことを説明してくださったので、聞き逃しが少なかったです。また、資料に沿って行っていたので理解しやすかった。今後は患者の輸液の目的を理解し、看護していきたいです。
〔看護師 職歴 10年〕
-------------------------------------------------------------------------
●輸液に関する文献があまりなかったためこのセミナーを受講しました。人体の体液組成等から関連しての輸液の話だった為、とても分かりやすく、今後Drからの指示が出た時、自分で考えるための土台の知識がつきました。
〔看護師 職歴 2年〕
-------------------------------------------------------------------------
●普段から輸液管理について内容など医師の指示通りで、Nsとしてしっかり考えることができていなかった為、考える良い機会になったし、日頃の輸液投与時にも考えて投与できそう。ショック時の輸液投与を今一度考え直すことができた。
〔看護師 職歴 10年〕
-------------------------------------------------------------------------
●細胞内液、外液、電解質分布まど今まであいまいに理解していましたが、分かりやすくまとめられており、非常に勉強になりました。輸液の種類別分類も大変分かりやすかったです。 
〔看護師 職歴 4年〕
-------------------------------------------------------------------------
●難しい言葉(現場に出てからは使わない言葉)が出てきても、説明がわかりやすい。今後は今日習った内容を考えながら患者へ投与できると思う。(医師がなぜこの点滴の指示を出したのかetc)テキストにない内容も休み時間にメモを取らせて頂けるなど親切。
〔看護師 職歴 10年以上〕
開催日時 2020年11月15日(日) 13:00 ~ 16:30
会場 オンライン (※ 会場での開催はございません)
講師 讃井 將満
申込締切日 2020年11月4日

参加費:¥ 8,250 税込

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい



  • セミナー講師募集
このページの先頭へ