事例で学ぶ! 小児乳児の10秒でわかる緊急度

~ビデオを見て状態を判断し適切な対応・報告の仕方を学ぶ~

具合が悪くなった小児・乳児をどのように看ていけばいいでしょうか?
緊急判断は? すぐにやるべきことは? 薬剤投与は?
あなたはどのように対応していますか?
一般病院の外来・診療所・保育園の看護師の皆さんもこの機会にぜひご参加ください。

セミナープログラム

1、緊急時に気を付けなければならない
  成人と異なること

2、小児乳児を最初に見たときに判断すること
  (初期評価)

3、生命に関わる緊急性のあることと、その対応
  (一次評価と一次対応)

4、起こっていることと原因を考えながら
  バイタルサインを測定

5、バイタルサインを安定させるために
  必要なこと

6、事例を使って考えていきます

7、小児乳児の心肺蘇生

 〇一次救命処置
  (PBLS Pediatric Basic Life Support)

8、気道閉塞解除の方法

セミナー講師プロフィール

京都民医連中央病院HCU師長
救急看護認定看護師

 赤木 高司

救急看護認定看護師
臨床工学技士免許
救急救命士免許
3学会合同呼吸療法士
心臓リハビリテーション指導士
AHAPALS,PERASインストラクター


受講者の声

●症例は前半の説明の内容を加味して説明して下さったので分かりやすかったです。
〔看護師 職歴 5年以上〕
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●とても分かりやすく、業務に反映していくことができそうです。ありがとうございました。動画も駆使してくださりありがたかったです。正解VTRではもっと解説が聞けたらより理解が深まるように思いました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●たくさんの症例を元に判断することができ、イメージしやすくとてもためになりました。ありがとうございました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●動画つきの事例が多くて理解しやすかったです。
〔看護師 職歴 5年以上〕
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●4月からこども園で勤務しています。小児経験が少ないことや、病院とは全く違って健康なこどもたちに囲まれ、日々奮闘しております。小児の早期異常の発見、その後の対応の速さが大切であることを学ばせて頂きました。ただ、画像が見にい箇所があったのが残念でしたが、事例を画像でみることができ、すごく参考になりました。ありがとうございました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
----------------------------------------------------------------------------------------------------------------
●小児のいろいろな症状のビデオがみれるのは、貴重でよかったです。保育園看護師向けともありましたが、やはりどちらかというと医療的なことが多かったです。
〔看護師 職歴 3年未満〕
開催日時 2021年5月2日(日) ~ 2021年5月4日(火) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 赤木 高司
申込締切日 2021年4月22日

参加費:¥ 8,250 税込

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
このページの先頭へ