急変を防ぐために! 仕組みから考える患者の呼吸

~呼吸がわかると看護の質が向上する!~

呼吸は「無視されたバイタルサイン」と言われるほど、バイタルサインのなかで見逃されがちな項目です。また、急変した患者の半数以上は、急変する6~8時間前から呼吸に何らかの異常があったという報告があります。
普段何気なく診ている呼吸ですが、仕組みから学びなおすことで状態の変化、急変の早期発見につなげることができます。
新入職の看護師さん、後輩指導を行う看護師さん、臨床経験年数の少ない方でもイメージしやすいように基礎から学べる内容を目指します。

セミナープログラム

1、呼吸をするってどういうこと?

2、解剖から呼吸を考える

3、生理から呼吸を考える

4、バイタルサインの呼吸を診る

5、酸素療法の仕組みを考える

6、事例を通して観察のポイントを振り返る

セミナー講師プロフィール

医療法人徳洲会福岡徳洲会病院
集中ケア認定看護師

 和田 秀一 

2014年 福岡徳洲会病院に就職、3学会合同呼吸療法認定士資格取得
2019年 集中ケア認定看護師資格取得
院内の呼吸療法チームの一員として組織横断的に活動中。


受講者の声

●初開催のため、現在「受講者の声」は掲載しておりません。
開催日時 2021年5月27日(木) ~ 2021年5月29日(土) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 和田 秀一
申込締切日 2021年5月17日

参加費:¥ 8,250 税込

申し訳ございませんが、受付を停止させて頂きました。


  • セミナー講師募集
このページの先頭へ