これだけわかれば大丈夫! 心電図モニターから患者を看る

~患者さんを看るための見方をマスターしてもらいます~

患者さんに心電図モニターをつけ、この波形はなんだろう? 報告しといた方が安心?なんて経験ありませんか?
心電図検定2級までの内容で、看護師が患者さんを看るための見方! そして、卒1の皆さんも毎日の業務に使える視点でわかりやすく解説します。

セミナープログラム

1、心電図モニター波形の基礎

2、心電図モニター波形の見方と限界

3、心電図モニターからわかること
 
○頻脈、徐脈、上室性、心室性 
 危険な心電図波形

4、患者をどう見るか

5、リズムコントロール(波形に対する対応)か
  レイトコントロール(頻脈徐脈に対する対応)か

6、緊急性のある波形対応とはどんなものが
  あるのでしょうか

7、心電図モニター波形を事例で考える

8、12誘導心電図の初級判読

セミナー講師プロフィール

京都民医連中央病院HCU師長
救急看護認定看護師

 赤木 高司

救急看護認定看護師
臨床工学技士免許
救急救命士免許
3学会合同呼吸療法士
心臓リハビリテーション指導士
AHAPALS,PERASインストラクター


受講者の声

●わかりやすかったです。心電図の苦手意識が少し解消されました。現場で積極的に心電図をみながら理解を深めていきたいと思います。
〔看護師 職歴 3~5年〕
-------------------------------------------------------------------------
●オンラインは初めてでしたが、コロナのことや座席のことなど過敏に色々気にならず楽しく受講できました。オンラインセミナーもいいと思います。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●心電図は特に苦手意識が強く、研修を通しても波形を見るのはやはり難しいなぁと感じました。しかし、今日の学びを活かし、自分なりに深めていけるよるようにしていきたいと思います。また参加します!
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●はじめてオンライン授業を受けました。全く違和感なく受けれました。事例でしっかり整理できました!
〔看護師 職歴5年以上〕
開催日時 2021年5月30日(日) ~ 2021年6月1日(火) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 赤木 高司
申込締切日 2021年5月20日

参加費:¥ 8,250 税込

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
このページの先頭へ