透析看護が好きになる!

~知る!わかる!できる!楽しさが自信に繋がる~

慢性腎不全患者さんは長い経過を辿って腎機能が悪くなり、やがて末期腎不全となって命をつなぐための腎代替療法(透析、腎移植)が必要となります。透析というと専門的で、患者さんとのかかわりも難しくて苦手・・・と耳にすることがあります。そこで!原点に戻って基礎から一緒に整理してみましょう!明日から自信をもって透析看護実践、または新人ナースに教育指導ができますように。そして何より透析患者さんが生き生きと前向きに過ごせますように!

セミナープログラム

1、もう一度復習しましょう!
  腎臓の機能と検査値の見方

2、保存期と腎代替療法選択支援を知る!

3、ここをおさえて!透析患者の看護ポイント

 ~血液透析と腹膜透析の本当に大切なこと~

4、透析患者を理解することからはじまる

 ~‟看る!視る!診る!”事例から振り返る~

5、透析看護って素晴らしい!

 ~患者と共に歩む透析看護とチーム医療~

セミナー講師プロフィール

医療法人社団蒼紫会森下記念病院
看護部 教育担当師長

鈴鹿 ゆかり

H17.透析技術認定士取得
H18.透析看護認定看護師取得
H20.東京女子医科大学看護学部認定看護師教育センター透析看護分野 非常勤講師
H24.慢性腎臓病療養指導看護師取得
H29.PD認定指導看護師取得

呼吸器内科病棟を経て透析室勤務となり、透析看護に魅了され現在に至ります。
腎不全看護は、ミッションとパッション!であるように思います。


受講者の声

●透析看護に関しての専門的な知識を、豊富なご経験からとても丁寧に理解しやすく講義をしていただき、どうもありがとうございました。私も日々の透析看護で直面する問題や悩みなどが多くありましたが、今回の事例検討の講義がとても参考になりました。「もう透析なんかしたくない」患者様から時折聞かれる言葉ですが、その言葉の裏に隠された真意は何かをしっかりアセスメントしながら看護できたらと思います。他の分野の看護にも共通するとは思いますが、透析看護は特に患者様と医療者が共に寄り添い進んでいかなくてはならないと改めて感じました。そして透析看護に携わらせていただいている事をとても嬉しく思いました。今後も透析看護についての学びを深めていきたいと思います。とても素晴らしい透析看護の講義をどうもありがとうございました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
------------------------------------------------------------------------
●本日はご講義して下さり、有難うございました。事例を用いた看護介入の方法や考え方を教えていただき、自分の看護介入の仕方や考え方について改めて見つめ直すよい機会になりました。今回の講義での学びを臨床で生かせるように今後は取り組んでいきます。 私事ですが私は看護師免許取得後、透析看護に関わっていたのですが臨床看護技術・経験を学びたいと思い、今現在は一般病棟に勤務しています。透析看護は好きな分野で、いずれはまた透析看護に関わっていきたいと思っています。今後もこのような学びの場を設けて頂けると、大変有難いです。本日はありがとうございました。
〔看護師 職歴 3~5年〕
------------------------------------------------------------------------
●透析看護の基礎や、事例を交えた講義にわかりやすく、資料も見やすかったです。実際の患者さんを想像しながら講義を聞くことができました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
開催日時 2021年6月19日(土) ~ 2021年6月21日(月) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 鈴鹿 ゆかり
申込締切日 2021年6月9日

参加費:¥ 8,250 税込

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
このページの先頭へ