退院支援における看護師の役割

~すまいとすまい方の選択を通して~

現在、全国の市町で地域包括ケアシステムの構築を目指して「まち作り」が進んでいる中、病院で入院治療をしている療養者は、退院後にどのような住まいでどのような住まい方を目指しているのでしょうか。療養者の自己意思決定のサポートができるように、退院支援に関わる看護師には、地域包括ケアの概要や介護保険等で提供されるサービスの内容を理解し、社会資源を効果的につなげることを考察する能力が求められています。本講義では病院や地域で働く看護師の退院支援や在宅療養支援のスキルアップの一助になるような内容を提供したいと思っています。

セミナープログラム〔改定〕

1,退院支援の概要と取り巻く環境の理解

2,地域包括ケアシステムの概要の理解

3,在宅介護、医療の資源を知る

4,住まい方の選択をするための支援

5,退院支援に求められるスキル

セミナー講師プロフィール

日本看護協会認定看護管理者
在宅ケアサポートみちくさ 取締役

石田 けい子

2014年愛媛大学大学院修士課程地域看護学修了
2016年日本看護協会認定看護管理者更新

職歴:愛媛県立中央病院、有床診療所、済生会松山病院、済生会松山訪問看護ステーション、
現職:2016年~在宅ケアサポートみちくさ取締役
実施事業:訪問看護ステーションみちくさ、ケアマネオフィスみちくさ、ナーシングホームみちくさ、みちくさ相談室
講師歴:愛媛県訪問看護師養成研修、看護協会セカンドレベル・サードレベルの退院支援・在宅看護論、介護支援専門員実務研修の看取り支援・在宅医療との連携分野、愛媛大学大学院在宅看護論非常勤講師、急性期病院等での退院支援に係る看護師の役割、他



※ 全画面表示は歯車マークの右隣、矢印ボタンをクリックしてください。




受講者の声

●自宅に帰りたいという患者さん。自宅では無理ですという家族の間で、もどかしい思いを何度もしてきました。この講義から得た知識を、ベストな状態になるよう活用していきたいと思います。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●急性期の病棟看護師です。普段曖昧に思ってる部分がはっきりしてよく理解できました。もっとMSWや退院支援の看護師さんと協力して関わっていけたらと思います。患者さんと同じ景色を見るという言葉本当にそうだなと思いました。ありがとうございました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●実際にあった具体例(患者さんの実例や金銭的なことなど)を交えてあったのが分かりやすく、口調もはきはきされていて話され聞きやすかったです。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●今年の夏から地域包括ケア病棟の勤務となりました。急性期・慢性期の経験はありますが、回復期や地域包括は、はじめてなので戸惑いながら患者対応しています。病院側と患者側の視点が違うことや患者本人と家族の思いも複雑化し、解決しないことも多々あり、今回の講義も納得するところがありました。
病院内のスタッフと、病院外の担当者の関わりなど参考になりました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●自助・互助・共助・公助は今、私が学習している分野でよく出てきて、文面上は理解するのですがテストなどで出てきたら不安な部分もありましたが、今回の講義で感覚的にも理解出来、今後に生かせると思いました。
また、医療保険と介護保険の利用の選択はやはり難しいなとも感じましたし、治療の終わった患者の次の居場所探しも患者と医療側の認識を一致させるののも、今後の大きな課題になりそうです
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●制度のことなど詳しく説明して下さったので、退院支援の進め方や大切にしなければならないことなど知ることができました。
〔看護師 職歴 3年未満〕
-------------------------------------------------------------------------
●病棟勤務7年目の看護師です。勤務先の病院は、退院支援に力を入れているため、地域包括ケアシステムや地域包括支援センターに関する知識を深めたいと思い、今回のセミナーを受講させていただきました。地域包括ケアシステム=患者さんや利用者さんが住み慣れた地域で生活するためのシステムという説明がとても分かやすかったです。今回の学びを活かして行けるように精進します。ありがとうございました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●「本人・家族の力を信じて、課題が残るくらいがちょうどいい」とは思いますが、実際に退院してからすぐに再入院されることも多く、難しさを感じています。どうすれば再入院を防げるかと考えるあまり「過度の準備が自助を制限することを予測」することが不十分であり、今回のセミナーで課題の解決をどう対応していくか、考えるきっかけになりそうです。
多職種で成功体験を共有し、若いスタッフもやりがいを得られるよう頑張ろうと思います。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●高齢化に伴い入院患者さんも高齢化しており、退院調整が必要な方がたくさんいます。退院調査が難航している人も多いです。今回講義を受けて、患者さんの思い、家族の思い、本人の自助、家族のケア力などさまざまな事を踏まえて退院調整していくことが大事だなと思いました。またどんな社会資源があるのかを知っている事は退院支援をしていく上で重要で患者さん、家族と共有する事が必要だと思いました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●病棟より連携室異動となり、今回受講させていただきました。病棟業務の中で、本来の形ではない状況下におかれていたり、自分自身の看護やりがいを失っていましたが、受講してみて、これからやってみたいことが見えてきました。
連携ポイントやアセスメント評価が分かりやすく、まとめられていてすごく分かりやすかったです。どのように関わっていくべきか、イメージがつき、いかしていけるようにしていきたいです。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●病棟で勤務しています。退院支援専従ではありませんが、時々退院支援会議に参加することがあります。今回のセミナーは具体的な内容でイメージがつきやすかったです。退院先を自宅か施設かを決める時、患者本人は自宅を希望しても家族が介護困難で施設入所となる、など、もっと社会資源の知識があれば、家族に情報提供ができ自宅を選択する余地が与えられたかもしれない、ジレンマを感じることもあります。ただ、患者ファーストを心掛けています。病棟ナースは退院後の景色が見えていない、想像しにくいです。退院後訪問を積極的に行って、退院後の課題の解決、QOLの維持向上に努めたいと感じました。
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●30年近く、急性期に身を置いていたのですが、地域医療室に異動となり戸惑っていました。
今回、講義を受け、学生時代を思い出しました。目の前の事だけ片付けていた自分が、情けなく、でも、看護師の役割って、1人1人の患者さんと向き合うことが、大切なんだと改めて思うことができました。ありがとうございました
〔看護師 職歴 5年以上〕
-------------------------------------------------------------------------
●ためになるお話ありがとうございました。社会福祉サービスについて、ボランティアや民生委員等の人々のサポートをうまく活用することで、ニーズに応じた退院支援ができる可能性が広がると学べました。また、退院後のアウトカム評価は急性期の病院ではなかなか難しいですが実践していけたらいいなと思いました。介護保険について等まだまだ知識不足なのでもっと勉強していきたいと思いました。
〔看護師 職歴 8年〕
-------------------------------------------------------------------------
●具体的で分かりやすかった。実際の具体例もお示しいただき参考になります。長年施設の中で報酬の改定毎に悩んでいましたが、慢性期病院に津おとめ先を変えた現在、地域に根差したケアの展開が出来るようになりモチベーションが上がりました。本日の講師は現場実践家、とても多くのエールを頂きました。
〔看護師 職歴 30年〕
-------------------------------------------------------------------------
●分かりやすかった。退院支援に必要な情報が理解できた。施設の種類についても費用まで記載されており参考になった。障害者福祉についての説明もあり非常に参考になった。
〔看護師 職歴 18年〕
-------------------------------------------------------------------------
●介護保険について(申請の流れなど)再確認できた。退院調整を行っていくうえで、自分の中で不足していた点を知ることができたので、今回知ったことを活かしていきたいと思った。
〔看護師 職歴 15年〕
-------------------------------------------------------------------------
●在宅支援の考え方、本人・家族を地域で支えていくことと、私達医療者の果たす役割etc、様々なことを学ばせていただきました。ありがとうございました。ALSの患者様のお話、とても共感できるものがありました。患者様のお気持ちよくわかります。患者様の想いを受け止めていけるようにこれからも努力していきたいと思います。
〔看護師 職歴 22年〕
-------------------------------------------------------------------------
●分かりやすくポイントを押さえて、事例を交えての講義で良かったです。本人の生活ごととらえて、コミュニケーションをしっかりとって、また社会資源もしっかり把握して退院支援を行っていきたいと感じました。
〔看護師 職歴 3年〕
-------------------------------------------------------------------------
●現場でのリアリティーのあるお話が聞けてとても良かったです。連携の重要性をあらためて感じました。退院支援に係るものとしてとても良い学びになりました。
〔介護福祉士 職歴 12年〕
-------------------------------------------------------------------------
●訪問看護の実際を交えての講義であり、とても分かりやすかったです。地域包括ケアシステムについて何回か講義を聞いてきましたが、今日のお話が一番わかりやすかったです。ありがとうございました。定員支援の評価は私のいまの課題です。施設で取り組んでいこうと思います。
〔看護師 職歴 24年〕
-------------------------------------------------------------------------
●実際のPtの話を踏まえての講義でしたのでとても聞きやすかったです。社会資源についてより理解を深めることができました。多忙な病棟でのENT支援はどうしてもMSWへ頼ってしまい調整がうまくいかず時間がかかる事例が多いです。ENT調整、支援をしても入院、ENTを繰り返すPtも多く、どうしても病棟Nsのモチベーションも下がってしまします。ENT后訪問やENT后の生活をケアマネに聞くことにより、自分たちの支援の確認ができると学べたのでどんどん行っていきたいです。
〔看護師 職歴 12年〕
-------------------------------------------------------------------------
●終末期の患者さんを多く受け持つようになり、このアセスメントで良かったのか、調整のタイミングは間違っていなかったか、不安になることが多かった。その中で、やはり社会資源の知識が不足していると感じていたので、今日の講義を受けて知識の幅を広げることができたと思う。
〔看護師 職歴 3年〕
開催日時 2022年6月11日(土) ~ 2022年6月13日(月) 23:59
会場 オンライン 【講義時間 3時間程度】
講師 石田 けい子
申込締切日 2022年6月1日

参加費:¥ 8,250 税込

ホームページ会員 加算ポイント:165pt

お申込み人数

予め、受講手続きのご案内ページをご確認下さい

【受信設定のお願い】
※お申込み前に、必ず「@mhank.jp」からのメールを受信できるよう設定をご確認ください。(お申込み確認メールや各種案内メールは@mhank.jpから届きます。)


  • セミナー講師募集
  • セミナー会場における新型コロナウイルス感染予防対策について
このページの先頭へ